壁紙の張替えをリフォームやDIYするときの注意点や失敗談

lineで相談
メールで相談
電話045-507-9627
年中無休
お問い合わせはこちら

壁紙の張替えをリフォームやDIYするときの注意点や失敗談

壁紙の張替えをリフォームやDIYするときの注意点や失敗談

2021/06/05

こんにちは!

横浜市の都筑区を中心に近隣地域(横浜市:青葉区、港北区、緑区、神奈川区、鶴見区など 川崎市:宮前区、高津区、中原区、多摩区など)でリフォームを格安でさせていただいておりますTKライフサポートです!

 

今回も横浜市内のお客様から伺った過去のリフォームやDIYでの失敗談をご紹介していこうと思います。

タイトルの通り壁紙の張替え編です!

他のリフォーム・DIYの失敗事例の記事も書かせていただいておりますので気になる方は過去記事もご覧ください!

過去記事:洗面台リフォームDIY失敗事例

     キッチンリフォーム・DIY失敗事例

     お風呂リフォーム・DIY失敗事例

     トイレのリフォーム・DIY失敗事例

     フローリングの張替えリフォームやDIYの失敗事例

・思っていた色や柄とイメージが違った

やはり最初はこれですね。

しかし壁紙に関してはDIYで商品をネットで購入した場合は違いますが、リフォームですとほかのリフォームに比べて少ない印象があります。

その理由の一つにカタログのつくり自体があると思います。

まず最初になぜ水回りではこういったことが起こりやすいのか。

それはカタログやネット上では実物を見たり触ったりすることができないためです。水回りのパネルなどに関しては基本的にショールームまでいかないと確認することは難しいです。

そのため、契約前などに実物を見ずに決めてしまうとこういったことになりやすいのです。

比べて壁紙の場合は少しだけ異なる部分があります。

それが「カタログのつくり」です。

壁紙のカタログはメーカーや商品によりますが実際の壁紙そのものが切り取って張ってある場合がほとんどです。

大きなサイズではないため全体に張った時にどうなるのかという不安は残りますが、カタログだけで実物を見て触ることができるのです!

そのため、イメージとの違いがほかのリフォームに比べてでにくいんですね。

 

・張ってからあまり時間が経っていないのにはがれ・割れてきてしまった。

これは特にDIYで張る場合によく聞く話です。

壁紙の張替えはDIYでできるリフォームの中ではまだ優しい方には含まれるものだと思っています。

しかし、あくまでもほかのリフォームに比べて優しいというだけで決して簡単手軽というわけではありません。

単純な一面を張る場合などはまだいいですが、柱や梁(ハリ)が多く凸凹が多かったり天井の張替えとなるとやはり簡単にはいきません。

しっかりと糊付けができていなかったり、空気が抜けていなかったりまっすぐ張れていなかったりと仕上がりをよくするのはやはり難しいです。

またDIYでする場合は既存の壁紙を剥がさずに上から張る方も多いかと思いますがそれも理由の一つになります。

作業を含めて楽しむためにというのであれば全然問題ありませんが、キレイにするためにDIYで壁紙を張り替えるのであればやはりお勧めはできません。

最終的な仕上がりも向こう数年見たときの仕上がりを考えてもやはりリフォーム業者にお願いするのが一番だと思います。

 

いかがだったでしょうか?

全リフォームの中でも壁紙の張替えリフォームはDIYでもとっつきやすく実際に試した方が一番多いと思います。

とはいえど仕上がりを気にするのであればやはりリフォーム業者に頼むのが一番です。

一度DIYに挑戦しうまくいかなかったためリフォーム業者に依頼すると費用が上がってしまうケースもあり結果的に損してしまいます。

自宅の壁紙を気にしていたり、すでに張替えを検討されている方はぜひ一度お気軽にご連絡ください!

 

当社は横浜市都筑区を中心とした地域で地域密着でリフォームをさせて頂いております。

横浜市都筑区近辺でないお客様、横浜市外のお客様もぜひ一度ご相談ください!

 

お問い合わせ・ご相談は、

パソコンの方はホームページの一番上のボタンから

スマートフォンの方は右上のメニューを開き一番下のボタンから

皆様のお声をお聞かせください!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。