横浜市でトイレのリフォームをするときに使える補助金はある?

lineで相談
メールで相談
電話045-507-9627
年中無休
お問い合わせはこちら

横浜市でトイレのリフォームをするときに使える補助金はある?

横浜市でトイレのリフォームをするときに使える補助金はある?

2021/06/08

こんにちは!

横浜市の都筑区を中心にリフォームを格安でさせていただいておりますTKライフサポートです!

 

横浜市の補助金制度では、障がいをお持ちの方や高齢者などの対象者が住んでいる住宅に対してバリアフリーのリフォームをする際に使用することのできる補助金制度があります。(※施工内容や商品、居住者の健康状態などから補助金が下りるかどうか決まるため必ず確認が必要です。)

詳しくは過去に記事を書いておりますのでご確認ください。

過去記事:→横浜市の浴室リフォーム補助金制度について

     →横浜市でお風呂リフォームの際に使える補助金について

     →横浜市でお風呂のリフォームで使える補助金制度 ~高齢者等住環境整備事業 編~

     →横浜市でお風呂のリフォームに使える補助金制度 ~介護保険の住宅改修費 編~

     →横浜市でリフォームをする際に使える補助金について ~(障害者)住環境整備事業 編~

 

これらの補助金をトイレのリフォームで使う場合はどういったものが対象になるのかを紹介していこうと思います。

※あくまでも下記の内容であれば必ず対象となるわけではないのでご注意ください。

 

・バリアフリーのため和式トイレから洋式トイレへのリフォーム

現在のトイレが和式トイレで身体的に使用が負担になっている場合、このトイレを洋式トイレにリフォームする場合補助金が下りる可能性があります。

単純使用する際に足腰に負担がかかるため想像しやすいかと思います。

この際に選択できる洋式トイレのメーカーや商品などは申請時に確認が必要となります。

 

・バリアフリーのため使いやすい洋式トイレへのリフォーム

現在のトイレが大きく前にスペースがあまりないため使用しにくかったり、高さが低い・高いため使用しにくい場合このトイレを使いやすい洋式トイレへリフォームすると補助金が下りる可能性があります。

特に車いすを使用している方などは車いす用のトイレにリフォームする場合このパターンに該当します。

現在が洋式トイレであっても使用する際に体に負担がかかっているとリフォームに補助金が下りる可能性があるので覚えておきましょう。

 

・バリアフリーのためトイレの面積を広げるリフォームとそれに伴う他のリフォーム

現在のトイレに身体的理由で物理的に入れなかったり、手すりを設置することができない場合などに部屋自体の面積を広げ、それに伴う内装やトイレ本体のリフォームをする場合に補助金が下りる可能性があります。

先ほどの例にもあるように車いすの場合が想像しやすいかと思います。

面積を広げるリフォームをするためには当然トイレ本体も外す必要があり、給排水位置などの関係からトイレ本体もリフォームしなければならない場合があるためです。

 

いかがでしたでしょうか?

上記のものはあくまでも一例であり実際に生活されている皆様が不便に感じていたり、つらいと思っていることを解決するためのリフォームに補助金が下りる可能性はあります。

まずはお気軽にご相談いただければと思います。

また、横浜市の補助金関連を例に使っており各自治体によってまた違った補助金があります。

お住まいの自治体の補助金制度を調べてみたり、わからないことがございましたら私共でお調べさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

当社は横浜市都筑区を中心とした地域で地域密着でリフォームをさせて頂いております。

横浜市都筑区近辺でないお客様、横浜市外のお客様もぜひ一度ご相談ください!

 

お問い合わせ・ご相談は、

パソコンの方はホームページの一番上のボタンから

スマートフォンの方は右上のメニューを開き一番下のボタンから

皆様のお声をお聞かせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。