洗面台をリフォームするときの選び方!

lineで相談
メールで相談
電話045-507-9627
年中無休
お問い合わせはこちら

洗面台をリフォームするときの選び方!

洗面台をリフォームするときの選び方!

2021/05/12

こんにちは!

横浜市の都筑区を中心にリフォームを格安でさせていただいておりますTKライフサポートです!

 

外国では日に日にワクチン接種が進んでおりますが、日本はいつ打てるようになるでしょうか。

少しでも不安を和らげるためにワクチン接種は積極的に打ちたいと思っています。

 

さて今回は洗面台のリフォームのお話。

水回りリフォームにおいて一番優先順位が低くなりがちなのが洗面台です。

お風呂・キッチン・トイレに比べ使用頻度や使用時間が少ないですし、最悪壊れてもキッチンで手を洗ったり歯を磨いたりすることができるためかと思われます。

そんな洗面台ですが、今リフォームをする方が増えてきています。

その理由はコロナの影響による全体的な衛生に対する意識の向上と帰宅時の手洗いへの意識の向上です。

では洗面台をリフォームするときは何を一番気にすればよいのでしょうか。

 

答えは皆様次第です。

何を第一の目的としてリフォームを検討しているのか、というのはお客様によって当然変わってきます。

・何よりも金額重視で安く新しいものにかえたい。

・収納量が少ないのでもっとものがしまえるようにしたい。

・もっと洗面所をおしゃれな空間にしたい。

・高機能な洗面台にしたい

などなど、様々な理由があります。

こういった希望を私たちにお伝えいただければ、希望に添える様々な提案をさせて頂きます。

 

洗面台の選択の際、一番最初に気を付けなければならないのはサイズです。

基本的に洗面台のサイズは、750,900,1000,1200(mm)といったように決まったサイズで作られています。

そのため例えば家の洗面台の間口が890(mm)だった場合は、そのままだと750(mm)の商品を選択しなければならなくなり前より小さくなってしまうなんてこともあります。

そういう場合はオーダーで間口を設定できるような商品を選択しましょう。(例 TOTO:エスクア)

間口の確認が取れたら次は高さです。

一般的に洗面台は1800~1900(mm)くらいの高さであることが多いです。

今の天井高がそのくらいあるかどうかはしっかりと確認しましょう。

また、鏡を三面鏡にかえる場合、ダウンライトや壁の埋め込み棚などに引っかかるケースも多くあります。

その場合は当たってしまう部分を撤去する工事も必要になってきますのでお気を付けください。

 

最近では自動吐水機能付きの水栓や、TOTOの場合は除菌水が出せるオプション付きのものなども多くあります。

自動吐水であれば家に帰ってきてから触れることなく手が洗えてとても清潔ですし、除菌水のおかげで排水口も常にきれいに保たれます。

こういったオプションもしっかりと確認して後悔のない最高の洗面台リフォームをしましょう!

 

当社は横浜市都筑区を中心とした地域で地域密着でリフォームをさせて頂いております。

横浜市都筑区近辺でないお客様、横浜市外のお客様もぜひ一度ご相談ください!

 

お問い合わせ・ご相談は、

パソコンの方はホームページの一番上のボタンから

スマートフォンの方は右上のメニューを開き一番下のボタンから

皆様のお声をお聞かせください!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。