収納力から考える洗面台リフォーム

lineで相談
メールで相談
電話045-507-9627
年中無休
お問い合わせはこちら

収納力から考える洗面台リフォーム

収納力から考える洗面台リフォーム

2021/04/17

洗面台交換の決め手は収納力

横浜市で洗面台リフォームが得意なTKライフサポートです。

みなさん洗面台交換の際に一番気にされるのは、なんでしょうか。多くの方が収納力を考えてリフォームされる方が多いようです。確かに洗面台の上が歯ブラシや洗剤、整髪料などでごちゃごちゃしていると気になります。かと言って朝の忙しい時間帯に、必要な物がすぐに手に取れないとこれもストレスになります。今回は洗面所の収納について商品のお話と収納アイデアについて記載いたします。

収納力で考えれば洗面台下のキャビネットは引き出しタイプ

 

写真のように上下2段の引き出しタイプのキャビネットであれば、開き戸タイプでデッドスペースとなっていたキャビネットの上部が有効に使えます。横浜市内のような都心部では洗面所スペースに多くを取れない現場も多いと思われます。こういった細かい違いが全体で見れば大きな差となってきます。また、高さの高い洗剤ボトルのためにサイドに縦長の収納引き出しがある3WAYキャビネットが便利です。

収納力を確保したい場合は写真のような収納キャビネットを追加して収納力を上げる事もできます。また、マンションでは一枚鏡の洗面台も多いですが、3面鏡に変える事により鏡裏のスペースを利用する事も可能です。鏡裏スペースであれば、取り出しに手間もかからずストレスなく収納できます。洗面台収納では物を隠したいあまり、9、10割詰め込んでしまうケースがありますが、使い勝手を考えて8割収納に留めるようにしましょう。収納キャビネットを設置するために、あえて洗面台の幅を小さくする事もアリだと思います。洗面台の幅を小さくしても洗面ボウルの大きさは変わりませんのでご安心ください。

洗面台収納のポイントは統一感

同じものが置いてあってもすっきり見える洗面台とごちゃ付いている洗面台があります。これは統一感の差によってきます。収納力を上げるため百均の収納ボックスを活用されている方も多いと思いますが、ボックスのサイズ、デザインがバラバラだと逆にごちゃ付いている印象になります。収納ボックスや小物置きなどは同じデザインの物で統一するとスッキリ見えます。また、難しい条件となりますが、整髪料や洗顔フォームも同一メーカーの同一シリーズで統一するとホテルの洗面所のようなイメージになります。

意外と盲点、洗濯機上のスペース

洗面台の横に洗濯機が置いてあるケースは多いと思います。意外と活用されていないのが洗濯機上のスペースです。このスペースに百均のツッパリ棒とすのこ板などで棚を作れば、大きな収納スペースとなります。もちろんメーカーから出ているウォールキャビネットで洗面台と合わせれば最高の収納スペースとなりますが、結構お高い商品ですので、棚と収納ボックスでDIYされてはいかがでしょうか。

まとめ

一回使うごとに元の位置に戻せれば良いのですが、朝の忙しい時間にご家族が集中する洗面所では難しいと思います。では如何に手間がかからずに収納できるかとを考えて検討していただくのがポイントとなります。使用頻度の高低や生活動線を考慮して考えていただくといいと思います。

収納のアイデアが欲しい方は、横浜市都筑区にあるTKライフサポートに一度ご相談ください。

 

 

お問い合わせ
お風呂リフォーム

お風呂リフォーム

¥398,000~

取り扱いメーカー
TOTO・LIXIL 他

 

キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

¥398,000~

取り扱いメーカー
LIXIL 他

 

洗面所リフォーム

洗面所リフォーム

¥98,000~

取り扱いメーカー
TOTO・LIXIL 他

 

トイレリフォーム

トイレリフォーム

¥98,000~

取り扱いメーカー
TOTO・LIXIL・INAX 他

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。