ガスコンロの材質によって何が違うの?

lineで相談
メールで相談
電話045-507-9627
年中無休
お問い合わせはこちら

ガスコンロの材質によって何が違うの?

ガスコンロの材質によって何が違うの?

2020/09/11

こんにちは!

横浜市都筑区・港北区、川崎市宮前区を中心とした地域に密着でハウスクリーニング・リフォーム等をお安くさせていただいておりますTKライフサポートでございます。

 

今回はビルトインコンロについて。

ほかの設備同様ガスコンロも種類が多くてどれにするかなかなか選べず、業者さんにお勧めされたものをじゃあそれで、と交換される方も結構いるのかなと思います。

なのでまずそもそもどんな種類があるのかについてお話していこうと思います!

機能の話よりも先にまずはお手入れや見た目にかかわる材質から。

 

ビルトインコンロの表面の材質は大きく分けて3つ。

ホーロートップ・ガラスコートトップ・ガラストップの3種です。

 

まずはホーロートップ。

ガスコンロを想像していただくと黒いものを想像しませんか?

大体それがホーロートップです!

ホーローはこすっても傷がつきにくく、耐久性がありなんといっても安価なのが魅力です!

しかし衝撃には弱く、表面の塗装が剥げるとそこから錆びていてしまうのがネックです。

また、衝撃以外でも経年劣化により塗装は剥げてきてしまうため錆び問題に悩まされることが多いです。

 

続いてガラスコートトップ。

こちらはホーローの表面にガラスコーティングがされており、光沢感・清潔感がありかつ清掃性に優れています。

さらにガラストップに比べ価格が抑えられるのも特徴です。

しかしながらあくまでも元の材質はホーローなので、どうしても衝撃に弱く、ひびが入るとそこから錆びてきてしまいます。

 

最後にガラストップ。

これは上の2つとは違い天板が強化ガラスでできているため、耐久性・耐衝撃性に強く、さらに表面のお手入れが非常に簡単です。

もちろんガラスですので見た目の高級感、清潔感も抜群にいいです!

最近のシステムキッチンではこのガラストップが主流になってきています。

しかしながらどうしても価格がほかの2つに比べ高くなってしまうのがネックなところです。

 

以上になります!

価格・見た目・実用性などいちばん自分の中でどこを重視したいか、どのバランスが良いかを考え選んでいただけたらと思います!

もしお悩みの方がいらっしゃいましたらぜひ一度TKライフサポートにご相談ください!

 

お問い合わせ・ご相談は、

パソコンの方はホームページの一番上のボタンから

スマートフォンの方は右上のメニューを開き一番下のボタンから

皆様のお声をお聞かせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。